コミュニケーション問題『大まかな人/細かい人』について解説します。

コミュニケーションの問題『大まかの人/細かい人』について

さて、みなさんの周囲にこんな人はいませんか?

細かいくどくどしたことを嫌う人がいます。

逆に、やたらと細かく説明する人がいます。

簡単に言うと、

大まかに捉える人?細かい人?

さて、みなさんに心当たりはありますか?

世の中には本当にたくさんの人がいます。

今回みなさんに知って欲しいコミュニケーションの問題は、

大まかに捉える人と細かく捉える人がいるということです。

例えば

「好きなテレビ番組は何ですか?」という質問に対して、

A:「お笑いです。」と答える人か、

B:「アメトークです。」と答える人か。

その他に、

「あなたが今までに印象に残っていることは何ですか?」という質問に対して、

A:「家族との思い出です。」と答えるのか

B:「新婚旅行の時に行ったハワイで食べた料理です。そのスパイスが最高でした。」と答えるのか。

ではこういう質問に対しては?

「トマトを説明してください。」という指示に対して、

A:「赤い野菜の食べ物です。」と答えるのか?

B:「赤くて小さくて、子供は嫌いで、でも栄養がとてもあるし、リコピンがすごい野菜で…。」と答えるのか?

さて、みなさんはどちらでしょうか?

私が言いたいことは、

このように普段の生活の中で、『物事に対する焦点を広くざっくりと捉えている人もいれば、細かく細かく捉え表現する人がいる。』ということを理解して欲しいのです。

この特徴を踏まえて、

普段のコミュニケーションでどう活かせるのか?

 

例えば、

大まかに捉える人に対しては、説明は簡潔に説明するほうがうまく話がかみ合います。

「現在当社が開発しているプロジェクトAについては、結論、特に大きな問題はありません。」

というようにまずは簡潔に結論から話す。(結論というよりも、全体の成り行きを話す。つべこべしたことは必要ない。大局が分かればいいのです。)

逆に細かい人に対しては、

「現在当社が開発しているプロジェクトAについては、結論、特に大きな問題はありませんが、Xという部分に関しては、問題があります。具体的には、Xにかかる費用が大きすぎるために、プロジェクトAの費用捻出ができない可能性があり、大きな問題となっています。」

というように、物事の具体性が必要です。

このように、相手の様子を見ながらではありますが、

相手に合わせて、話をしていくという切り口がとても大切です。

ぜひ、実践してみてください。

以上

今回は、簡単に「大まかな人/細かい人」がいるというブログでした。

そして次回以降は、この特徴を踏まえて、相手の様子を見る技術『キャリブレーション(観察)』についても説明していきます。

相手を見る観察力が身に付くと、さらに相手とつながりやすくなります。

つまり、コミュニケーションにとってとても重要なものです。

……………………………………………………………………。。。

コミュニケーションは、自分と相手をつなげること

自分を知り、相手を知る、そして自分と相手をうまくつなげる力。

これが『コミュニケーション』です。

相手を知るだけではうまくつながりません。

自分も知って、相手も知る。そしてお互いをつなげる技術、つまり『表現力』。これも大切です。

ではまた後程、ブログに掲載していきます。

このブログを通して、少しでも読者様のためになれればうれしく思います。

ご購読ありがとうございました。

 

==この記事が気に入ってくださった方、筆者の話を聞いてみたいという方へ==

オンラインでのLIVE配信やYouTube配信など筆者の活動について逐次お知らせしております。ブログ記事内容など気に入っていただけたら、ご登録いただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

投稿者: ヤスキ

心理や脳の使い方を楽しく教えている『NLPトレーナー』としてNLP(神経言語プログラミング)の良さを伝えております。