人の性格とは!?性格は何で決まるのか?

みなさんは、人の特徴を考えたことがありますか?

人の性格は考えたことが多いと思います。

例えば、優しいとか、怖い、細かいとか、適当とか、うるさいとか

それを性格というように、一括りに考えている方は多いでしょう。

さて、みなさんは、性格について考えたことがありますか?

性格とは何でしょうか?

その人の固有のもので、普遍的なものでしょうか?

あるいは、途中で変わったりすることもあるのでしょうか?

どうやって性格は、作られてくるのでしょうか?

性格は遺伝子50%、環境50%という記事もあります。

⇒参考 『性格は遺伝子で決まるって本当ですか?』

また、性格は、子供の時代に作られるという記事もあります。

『子ども時代にすべては決める、は本当か?』

いずれにせよ、人は生まれてから現在に至るさまざまな経験を通して、性格は作られてくる。

十人十色とは、まさにそのことを言うだろう。

しかし、人は時としてその性格を嫌い、その性格によって合う合わないが判断され、日常のコミュニケーションに支障を来すこともままならない。

十人十色(好み、考え、性格などが、人によってそれぞれ違うこと)と分かっていながら、日常のコミュニケーションで苛立つことは多々あるだろう。

しかし、頭の柔らかい人や、賢い人は、そんな苛立ちよりも、いかにコミュニケーションを図っていくかを考えるだろうし、苛立つこともないだろう。

その人によって違う考え方の部分に、大きな果実が眠っている。

コミュニケーションで悩み、人と人との繋がりに困ったことがある方は、そのいわゆるコミュニケーションの壁にいつまでも悩まされるのだ。

しかし、ある一線を超えた時に、コミュニケーションで悩むことはなくなる。

なぜか?

それは、日常のコミュニケーションにおいて、そうなることが予測できるし、結果が出た後も、納得できるからだ。

つまりこれは、何にあるかというと、知識と経験、そしてそれを踏まえた実績と解釈にある。

少し難しい言い方になりましたが、

簡単に言うと、勉強したことを現実と照らし合わせた上で、すこしずつそれが理解・納得できるのではないかと思っております。

 

==この記事が気に入ってくださった方、筆者の話を聞いてみたいという方へ==

オンラインでのLIVE配信やYouTube配信など筆者の活動について逐次お知らせしております。ブログ記事内容など気に入っていただけたら、ご登録いただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

投稿者: ヤスキ

心理や脳の使い方を楽しく教えている『NLPトレーナー』としてNLP(神経言語プログラミング)の良さを伝えております。