目標達成のための積極的休養

努力の天才イチローに習う

時にはリラックスも必要です。

プロ野球選手のイチローもこのような言葉を残しています。

『打てない時期にこそ、勇気を持ってなるべくバットから離れるべきです。

勇気を持ってバットから離れないと、もっと怖くなるときがあります。

そういう時期にどうやって気分転換をするかは、すごく大事なことです。』あれだけのプレーヤーになると自分との向き合い方が本当に神レベルだと思います。

自分と向き合うこと

自分と向き合う時に、爆走しすぎたり、自分に無理をしてしまいがちになる場合があります。
 
無理をして、怪我をしたり病気になったり、あるいは燃え尽き症候群のように、目標のない生活に何か抜け殻のようになったりと…。
 
何もやる気が起きずに、希望が持てなくなる状態になってしまいます。
 
あるいは、何も希望や目標が持てずに、毎日に何も楽しみややる気を見出せなくなってしまう時もあるでしょう。

休む勇気を持つ

希望や目標を見失いやすい時期は、休むことも大切だと思っています。
 
休むことはとても大切です。
 
どんな偉人も休むことも積極的に取り入れたとイチローを例にも実証済みなのです。
 
また、成功哲学ナポレオン・ヒル博士も1日の数時間は、休養や教養のための時間を確保すべきだと述べています。
 
今までに張り詰めてきたものは、休むことで、長い人生を細く長く継続させることができます。
 
休むと決めたら、逆にやる気が出てくるものです。
 
人間は同じ思考を持つことも大切ですが、同じ思考ばかりだといつかはパンクしてしまいやすいものです。
 
ですから、時々リフレッシュすることも人生を目標へ推し進めるためには大切なことだと思います。

 

刺に記載可能な資格取得講座NLP心理学受講コースの情報、NLPトレーナー
ヤスキ最
新情報
などを以下のLINEアカウントにて配信中です。

友だち追加